自宅で簡単ストレッチ

ストレッチは継続することが大事

格安マッサージに通うようになって、自分の体がどんどん軽く健康的になっていくのを実感しました。

そしてセラピストの方に簡単なストレッチを教えてもらい自宅でするようになりました。

その結果体重は落ち、便秘も治り、三十路を手前に一番良い体を手に入れる事が出来ました。

興味のある人は、是非簡単ストレッチをやってみてください。
 
 

肩甲骨周りのストレッチ

やり方

イス・または床に座った状態で手を肩に軽く触れます

その状態で肘を大きくゆっくり後ろから前に回して、肩甲骨から肩を動かします

背筋は伸ばして、深呼吸しながら5回回します

5回終わったら後ろ回しで同じように5回行って下さい

ポイント

息を止めないように、肩甲骨を動かしているのを意識して行いましょう。

無理せずゆっくり行って、終わった後上半身がポカポカしていたら正しいやり方です。
 
 

腰から脇にかけてのストレッチ

やり方

イス・または床に座った状態で自分を抱きしめるように手を背中に回します

届く人は肩甲骨の内側を触るように、届かない人も出来るだけ遠くの背中を触るようにして下さい

その状態で右側に体を傾け、腰の側面を伸ばしていきます

深呼吸をしながら15秒ほどキープ

15秒終わったら上体をゆっくり正面に戻し、左側へ同様に伸ばしましょう

ポイント

体を横に傾ける時、真横に傾けるようにして下さい。

前へ行ったり後ろに反ったりすると腰に負担がかかりますので、おへそが真正面になっているかチェックして下さい。
 
 

腰からお尻にかけてのストレッチ

やり方

床に背骨を立てるようにし、足を伸ばして座ります

左足をあぐらをかくようにして曲げ、膝は出来るだけ床に付けるようにし、かかとを自分の中央にくるように引き寄せます

右足を横に開き、左手を右足の小指の方に伸ばし上体を右足の方に倒していきます

呼吸を止めず、15秒くらいキープします

キープが終わったら上体を戻し、逆側も同様に行いましょう

ポイント

痛気持ち良い程度で伸ばして、無理しないようにしましょう。

足の小指の方に腕を伸ばせば腰の横側からお尻の方まで伸びるのが実感できると思いますが、腕のポジションを少し変えれば別の部分も伸びますので、色々な方向に伸ばしてみましょう。
 
 

ふくらはぎのストレッチ

やり方

正座した状態から片膝だけ立てて座って下さい

立てた足のかかとを付けたまま、上半身を前にぐっと倒していきます

上半身の体重を立てた足の太腿に乗せるようにして、ふくらはぎを伸ばしていきます

深呼吸しながら15秒キープして下さい

キープが終わったら逆側も同様に行って下さい

ポイント

上半身をぴったり太腿に付けて体重をかけると、ふくらはぎが十分伸びていきます。

自分が気持ち良いと思う所まで伸ばして、無理しないようにしましょう。